ついに女城主誕生! 『雪花の虎』は東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記!

 

今年の大河ドラマで“女城主”が話題になっていますが、大胆な仮説で「女・上杉謙信」を題材にした超話題作がこちら!

 

時は1530年。越後の春日山城主・長尾為景の第三子が誕生。頼りにならぬ嫡男・晴景に代わる跡継ぎとして期待された赤子は、女児だった…。失望する為景だったが、生まれてきた女児を虎千代と名づけ、男として育てることを決意。温かい家族に囲まれて育った虎千代は、父の死を機に元服、名を景虎と改める。

 

『東京タラレバ娘』、『かくかくしかじか』など、大ヒット作を次々と世に放ってきた東村アキコが初めて挑む歴史漫画『雪花の虎』の最新コミックス4集がついに発売!!

 

最新4集では、やさしい兄・晴景と、強い妹・景虎…
互いを想い合うふたりの本心とは裏腹に、それぞれを担ぐ者たちによって、割れる越後が描かれる。周囲の思惑のすれ違いから、ある事件が起き…!?

 

景虎こと、上杉謙信がついに歴史の表舞台に立つ!! 女として、女ゆえに、戦国の世をどう生き抜くのか!? その歴史的瞬間をお見逃しなく!!

 

 

ビッグコミックス

東村アキコ『雪花の虎』第4集

 

 

ついに女城主誕生! 『雪花の虎』は東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記!