抱腹絶倒そして感動の傑作エッセイシリーズ最新刊!浅田次郎『パリわずらい 江戸わずらい』(12/6刊)

 

だから私は旅に出る!

超多忙作家が国内外で遭遇した抱腹絶倒の出来事から、身辺に起こる驚きと感動のエピソードまで絶妙の筆致で描く傑作エッセイ集。
温泉場での仰天と脱力を描いた(『話にもなりませんわ』)、軽井沢の別荘に出現した謎の生物とは何だったのか(『招かれざる客』)、ナポリでナポリタンを追い求め亡き父を思う(『多様性と二者択一』)、ラスベガスでマイケル・ジャクソンとまさかの邂逅をする(『袖振り合うも多生の縁』)、パスタとスイーツの本場でダイエットは続行できるのかを検証する(『イタリアン・クライシス』)ほか旅と食と感動が満載の全40篇。JAL機内誌『スカイワード』人気連載の単行本化第3弾。

本書の内容はこちら

◆著者プロフィール◆浅田次郎(あさだ・じろう)
1951年東京生まれ。95年『地下鉄(メトロ)に乗って』で吉川英治文学新人賞、九七年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、『お腹召しませ』で06年中央公論文芸賞、07年司馬遼太郎賞、08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞を授賞。著書に『プリズンホテル』『蒼穹の昴』『つばさよつばさ』『アイム・ファイン!』など。11年より日本ペンクラブ会長を務める。15年紫綬褒章受章。

 

 

抱腹絶倒そして感動の傑作エッセイシリーズ最新刊!浅田次郎『パリわずらい 江戸わずらい』(12/6刊)