がん放置療法の近藤誠医師と、メスを捨てて在宅緩和ケア医になった緑平医師。がんでもラクに長生きして自分らしく暮らす究極の「がん治療」を語りつくした対談本『世界一ラクな「がん治療」』(11/18刊)

 

がんは本来、亡くなる直前まで歩いたり話したりできる病気です

「いい治療」で苦闘するより、「つらくない方法」でラクに長生きするためには、なにを選択し、なにを心がければいいのか。がん放置療法の近藤誠医師と、在宅緩和ケアの萬田緑平医師が語りつくしました。

見出しから抜粋すると……、
・笑ってピースして旅立つ、在宅のがん患者たち
・「がん放置療法」は「全部ほっておけ」療法? そんなバカな
・日本の病院では、治療を「やめる自由」「しない自由」が認められていない
・ピンピンしているのに「がん」と診断されたら、忘れなさい
・体の声を聞け。「これ以上はヤバい」と叫んだら、抗がん剤をやめること
・「入院したくない」は、つらい延命治療をされるかどうかの大関門
・痛みはこわくない。医療用麻薬できちんと抑えて旅行やゴルフを楽しめる
・終末期は「点滴と別れる」決心を
・生かされている人は肺炎になる
 など、従来のがん闘病の常識からみると驚くべき内容が並んでいます。

 慶應大学病院時代から40年にわたって「十人十色のがんの、それぞれの症状に応じて、きめこまかく対処法を考えてきた」近藤医師と、在宅緩和ケア医として「自宅で最期まで幸せに生き抜くお手伝い」を日々続ける萬田医師。この二人のドクターだからこその、多くの具体例に裏付けられた対談になりました。背景には両医師の、患者さんのQOLを守りたい、がんであっても幸せに生きてほしいという強い想いがあります。

がんの治療をあきらめるのではなく、つらい治療をやめて自分らしく生きる

本書は、ご自分やご家族が「がん」と告げられ、つらい日々を送っている方に、明るく前向きになるこんな「がん治療」があることを伝える対談本です。
また、今現在はがんに直面していなくても、つらい手術や抗がん剤治療、胃ろうや点滴などチューブだらけの延命治療は望まないという人が多い時代に、がんという病とどう向き合い、どう生きるかの指針に満ちた一冊です。

本書の内容はこちら


<著者プロフィール>近藤 誠(こんどう・まこと)
1948年生まれ。「近藤誠がん研究所」所長。慶應義塾大学医学部卒。83年~2014年同医学部講師。13年「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」開設。
近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来 http://www.kondo-makoto.com/

萬田緑平(まんだ・りょくへい)
1964年生まれ。在宅緩和ケア医。群馬大学医学部卒。同大学附属病院第一外科などを経て、2008年群馬県高崎市「緩和ケア診療所・いっぽ」の医師となる。
萬田緑平ツイッター https://twitter.com/ryokuhei


★講演会のお知らせ
その治療、ちょっと、待って!ラクに、お金もかけずに、長生きする
世界一ラクな「がん治療」
近藤誠・萬田緑平 講演会

日時:2017年2月25日(土) 14:00開演 (開場13:30)
開場:市民会館おおみや 大ホール
参加費:¥1,000(税込)  自由席
主催:近藤誠がん研究所
チケット申込先:市民会館おおみやなど、さいたま市の10の文化施設と、
近藤誠がん研究所HP  http://www.kondo-makoto.com/
11/22(火) AM10:00~ 販売開始
お問い合わせ先:03‐3478‐1823

 

 

がん放置療法の近藤誠医師と、メスを捨てて在宅緩和ケア医になった緑平医師。がんでもラクに長生きして自分らしく暮らす究極の「がん治療」を語りつくした対談本『世界一ラクな「がん治療」』(11/18刊)