さだまさし著『笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話』が11月16日ごろ緊急発売! 巨星2人による「最初で最後の対談」は仰天秘話と人生訓が満載!!

 

rokusuke     masashi

「トークの達人」「ベストセラー作家」などの顔も併せ持つ多才多芸の人・さだまさしが「カバン持ちしてでも一緒にいたい」と評する人、それが永六輔さんです。「永さんの話は、汲めども尽きぬ“好奇心の泉の水”のようでした。教養の高さ、話題の豊富さ、深い洞察力、表現の豊かさ、面白さにいつも驚いてきた」と。

 さだが、永六輔という人だけが持っている知識や知見、ものづくりのノウハウといった“財産”を、「後世に伝えなければならない」と対談を始めたのは2013年のことでした。本来なら、「5年ほどかけてゆっくりとお話を伺うつもりだった」と言います。

 本書では、永六輔さんと“時代の寵児”たちの珠玉のエピソードや、永さんが遺した数々の「歴史的名作」誕生の舞台裏、好奇心や行動力、人間関係、仕事の秘密などを紹介していますが、それらをさだは「永さんの言葉を通じて、開かれる扉がある。気づきがある」と総括します。

 この他、「まさし、時間ある?」から始まる2人の止めどない会話の裏話や、さだが永六輔さんに初めて褒められた時の話、2人の出会いからタモリが見つけた共通点、そして「愚痴らない、ひけらかさない理由」「絶対に譲れない正義感」など、心温まるエピソードや思わず膝を打つ名言も満載です! 内容を一部紹介すると──

〈思わず大爆笑〉

●黒柳徹子に「ごめんね」事件
●「歩こおぅおぅおぅ」で坂本九と大げんか
●渥美清は「浮浪児のあんちゃん」
●倉本聰との“気持ち悪い"縁
●タモリが語った二人の共通点
●永六輔じゃなくて井伊直弼?

〈生きるヒントにも!〉

●酒が飲めないなら「杯をわたる風を飲め」
●「人と人とのターミナル」でありたい
●会話が病気のリハビリになる
●百遍繰り返せばネタになる
●2020年パラリンピックに出たい!
●つらい場面も笑って話そう

 最後に、さだはこう断言して締めくくります。

「永さんと同じことをしてもだめなんだろうけど、僕は永さんが歩んでいた道、歩もうとしていた道を、今後も進んでみたいと思っています。皆さんも一緒にどうですか? きっと楽しい仕事と人生が切り開けると思いますよ」

 永六輔作品ファンやさだまさし作品ファンにとっては、2人のものづくりのルーツを知ることもでき、すべての作品がより楽しめるようにもなります。また、人間関係や仕事に悩んでいる人にとっても、「楽しく前向きに」人生を過ごせるようになるヒントが盛り沢山。世代を超えて楽しめるトークライブのような一冊です。

本書の内容はこちら

『サライ』公式サイトはこちら

【さだまさしオフィシャルサイトにもご注目!!】

 本書の刊行に因んで、さだまさしが「自信の楽曲のルーツ」と語る永六輔作品を歌ったCDアルバム『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』もほぼ同時発売されます。「遠くへ行きたい」「上を向いて歩こう」や永さんとの共作、秘蔵の名曲まで全15曲を収録しています。詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください!!

【プロフィール】

●さだまさし/1952年、長崎県生まれ。73年、フォークデュオ・グレープとしてデビュー。76年にソロとなり、『関白宣言』『防人の詩』『たいせつなひと』など、数々のヒット曲を生み出す。2001年に小説家として『精霊流し』を発表、その後も『解夏』『眉山』など数々のベストセラーを生み続ける。デビューから精力的に続けているコンサート活動は、13年7月に前人未到の4000回(ソロコンサート)を達成。16年9月に『御乱心~オールタイム・ワースト~』、同11月には永六輔の作品を歌い継ぐ『永縁~さだまさし 永六輔を歌う~』をリリース。

●永六輔(えい・ろくすけ)/1933年、東京生まれ。父は浅草の寺の住職で、寺の息子として育つ。中学校時代からラジオ番組への投稿を始め、早稲田大学在学中に草創期の放送の世界へ。以降、テレビやラジオ番組の放送作家、作詞家、タレント、随筆家としてマルチに活躍。主な作詞に『上を向いて歩こう』『見上げてごらん夜の星を』『こんにちは赤ちゃん』など。著書に200万部を超え、社会現象にもなった『大往生』ほか多数。2010年にパーキンソン病と前立腺がんを公表後も、ラジオ番組出演や講演活動などを積極的に展開していた。16年7月逝去。享年83歳。

 

さだまさし著『笑って、泣いて、考えて。 永六輔の尽きない話』が11月16日ごろ緊急発売! 巨星2人による「最初で最後の対談」は仰天秘話と人生訓が満載!!