森見登美彦『夜行』 1年半ぶりの新刊が10月27日ごろ発売! 対談集も同時発売!!

 

『夜は短し歩けよ乙女』『有頂天家族』『きつねのはなし』など数々のヒット作をもつ森見登美彦。その代表作全てのエッセンスを昇華させた、森見ワールド10年目の集大成となる作品がいよいよ発売になります。

 

十年前の失踪事件。その鍵を握るのは、謎の連作絵画「夜行」。

 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは忽然と姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
 

 怪談×青春×ファンタジーのかつてない物語!

森見登美彦『夜行』は10月27日頃発売です。


「彼女はまだ、あの夜の中にいる」

 

 

【同時発売!】

『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』

劇団ひとり、本上まなみ、萩尾望都、羽海野チカ、うすた京介、瀧波ユカリ、綾辻行人、万城目学、綿矢りさほか、デビュー以来各媒体に掲載された14人との対談を一挙収録しました。十年前の森見登美彦氏と現在の森見登美彦氏が対談する小説「今昔対談」も特別収録。

 

 

『夜行』特設サイトはこちら! 最新の著者インタビュー動画もまもなくアップ予定!

 

 

 

10月27日頃発売

森見登美彦『夜行』

定価:本体1400円+税 四六判256ページ

 

 

10月27日頃発売

森見登美彦『ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集』

定価:本体1200円+税 四六判288ページ

9784093885201

 

 

森見登美彦『夜行』 1年半ぶりの新刊が10月27日ごろ発売! 対談集も同時発売!!