新感覚盗賊エンターテインメント「ふたがしら」が再びドラマ化!

 

長きにわたる連載がついに完結、9月12日に最終巻第7集が発売になるオノ・ナツメ作の江戸活劇『ふたがしら』。昨年放送されたドラマ化第一弾の好評を受け、第二弾の放送が決定しました。

 

松山ケンイチ演じる、明るく豪快な弁蔵と、早乙女太一演じる、頭脳明晰でクールな宗次の2人の盗賊が、“脅さず殺さず、汚え金を根こそぎいただく”をモットーに、巧妙な駆け引きと騙し合いの中、鮮やかに“つとめ”を遂行していく痛快時代劇。
シーズン1のラストでは、自分たちの盗賊一味「壱師」を築いた弁蔵と宗次。シーズン2では、「壱師」のかしらとなった2人の、江戸の頂点を目指す新しい戦いを描く。

 

今回の脚本は劇団☆新感線の鬼才・中島かずき書き下ろしのオリジナルストーリー。原作に描かれていない、弁蔵と宗次が一味を率いてのし上がる様を、粋なせりふ回しと二転三転する痛快な展開で、「壱師」の創成期を描き出します。

監督は日本映画界に旋風を巻き起こしている入江悠。豪華なキャスト、スタッフを揃えて、新感覚盗賊エンターテインメントをお届けします。

 

ドラマ『ふたがしら2』はWOWOWで9月17日夜10時スタートです。

 

 

ビッグコミックス

オノ・ナツメ「ふたがしら」

最終巻第7集9月12日発売!

 

 

ドラマ

「ふたがしら2」特設サイト

 

新感覚盗賊エンターテインメント「ふたがしら」が再びドラマ化!