あなたの奥さんは大丈夫?「うちの嫁に限って・・・・・・」という男性にこそ知ってほしい、“4K”不倫女性たちの生の声。沢木 文著『不倫女子のリアル』(6/1刊)

 

  「うちの社には“不倫サークル”があって、出張と称して男女3~4人で温泉旅行に出かけたりしてるんですよ」
何!? 桝添さんもびっくり!? そんなことが許されるのか? これは不倫に不可欠なSNSの取材で出てきた本当の話。
   2015年の総務省の調査によると、20代など若い世代ではLINEの利用率が高いが、中年世代以上はFacebookのほうが支持されている。実名利用率も各世代でFacebookのほうが高い。何十年かぶりの同窓会で出会った男女の仲が深まる際、Facebookは不可欠なツールといえる。
   しかし、こうしたSNSを普段から利用している人は、自分のプライベートシーンを何かにつけアップしていることもあり、不倫相手から自分の家族や活動エリアなどが簡単に特定され、トラブった際、そこから妻にメッセージを送られたり、弱みを握られるケースもある。出会いも別れも、不倫の場合、SNSが大きく関わっているのだ。
  『不倫女子のリアル』(沢木 文著)では、こうした都会型不倫の現況を、詳細なルポで紹介しているが、ポイントは“4つのK”。「稼ぐ(経済力)」「キレイ(容姿)」「軽い(気持ち)」「堅実(家庭本意)」。意外なキーワードでくくられる不倫する女性たちの生の声を聞くと、円満と思われる家庭にも問題点があることに気付かされることだろう。
   本書には実際に不倫をしている9人の女性が登場するが、そのうち6人は子供を持つ母親である。

◆著者プロフィール◆沢木 文(さわき・あや)/1976年、東京都足立区生まれ。大学在学中よりメンズファッション誌の編集に携わる。以降、『プチセブン』『PS』『VoCE』『Grazia』『Suits WOMAN』などの女性誌でフリーランスの編集者として活動。“自立と自由”をテーマに、恋愛、結婚・出産、人間関係など、女性から注目される特集記事を多数手がけている。人物取材に定評があり、今までにインタビューした著名人は200人を超える。近著に『貧困女子のリアル』(小学館新書)。

本書の内容はこちら

あなたの奥さんは大丈夫?「うちの嫁に限って・・・・・・」という男性にこそ知ってほしい、“4K”不倫女性たちの生の声。沢木 文著『不倫女子のリアル』(6/1刊)