画業60周年! さいとう・たかを裏の代表作『娼婦ナオミ夜話』復活!!

 

今年、画業60周年を迎えるさいとう・たかをの表の代表作が『ゴルゴ13』であることは誰からも異論のないところでしょう。でも隠れた裏の代表作といったら?

 

『娼婦ナオミ夜話』は、大正・昭和の廓を舞台に、男と女が織りなす綾と当時の風俗の完全描写で大人気を博した名作で、巨匠自身の愛着もひとかたならぬ伝説の作品です。

 

 

 「少年の日に出逢った花街のおんなたちへの

  出し遅れたラブレターかもしれない…。」

 (著者)

 

 

今回画業60周年を記念してその名作が、ビッグコミックスペシャルとして復活しました。巻末には著者インタビューを特別収載!

劇画の巨匠の隠れた代表作を、この機会に是非ご一読ください。

 

忘れていた愛が、ここにある…。

 

 

ビッグコミックスペシャル

さいとう・たかを『娼婦ナオミ夜話』

定価:本体1800円+税

A5判 336ページ

 

4月28日発売

 

さいとう・たかを・jpg

画業60周年! さいとう・たかを裏の代表作『娼婦ナオミ夜話』復活!!