増刷続々でついに累計145万部突破!!の「プレNEOシリーズ」最新刊、『せかいの図鑑』が2/26発売!!

 

 ブラジル・リオデジャネイロでオリンピックが開催され、「世界の国々」に話題が集まる2016年、待望の『せかいの図鑑』が発売になります。

 ところで、わが国・日本への外国人旅行者は2015年度暫定値で1,973万7400人を記録し、過去最高の前年比147.1%という多さです(日本政府観光局〈JNTO〉2016年1月発表)。そして、海外での日本ブームはご存じの通りです。  

 また、日本在留外国人の数は、2014年度に約212万1800人にもなり、1964年の東京オリンピック時の約3倍にもなっています。法務省の発表によれば、その国籍・地域別の内訳は、中国30.9%、韓国・朝鮮23.6%、フィリピン10.3%、ブラジルが8.3%の順となっています。

 つまり、私たちは、日本に居ながらにして「せかい」とつながっているのです。なかでも、これからを生きる子どもたちにとって、「せかい」を知らずには生活できない状況となっています。

 だからこそ、『せかいの図鑑』。

 早くも毎日新聞2月24日付で、本書が、〈国や地域によって異なる言葉や食事などに触れることができる〉、そして〈シリーズの中で最も写真を多用〉と紹介されました。  

 本書の内容を具体的に紹介しましょう。

●増刷続々!!「プレNEO図鑑シリーズ」の第10弾

 シリーズはすでに累計145万部を突破しており、2007年『きせつの図鑑』から毎年1冊ずつ、「ユニークな切り口の図鑑」の先駆けとして図鑑ブームを牽引しています。

sekai02

●類書がない!初めての試み図鑑

 本書は、子どもにとって身近な話題で比較しながら「せかい」を、体感できる図鑑。

 数多く出されている、国別、大陸別の各国紹介の図鑑とは一線を画しているのが特長。

【例】

<自然・空>●満月/日本は餅をつくウサギ⇔模様が「ロバ」に見える地域は?

<学校>●入学式/日本は4月⇔5歳の誕生日の翌日が小学1年生…つまり入学式はない国は?

<風習>●抜けた歯/日本は屋根に投げる等⇔抜けた歯をスリッパに入れる国は?

<遊び>●鬼ごっこ/鬼になったら「トイレ」の格好をする国は?

 大人が読んでもかなり楽しい。クイズコーナーで取り上げたら、親子や友達同士で、かなりはまりそうな内容となっています。 

 ※メディアの皆様へ編集部にて上述のような設問を50問用意しています!

(上の答えは順に、南アメリカ、ニュージーランド、南アフリカ、カナダ)

●学習指導要領の改訂で、小学校で始まった「外国語活動、英語の学習」にも合致

 かわいい、なんとクッキーで作ったページで展開しています。

 2020年の東京オリンピックに合わせるかのように、2016年の中央教育審議会で学習指導要領改訂の審議が開始され、3、4年生の必修化も論議になっています。

sekai01

●児童書では大人気の国旗満載絵本の要素も!

 300ものイラストを配した「せかいの絵地図ページ」(5大陸=10ページ分)は、様々に話題となっている世界地図ブームに負けません!

sekai03

●初回限定特典は、折って切ればできる、「せかいのこっきブック」

 子どもが好きなアイテムです。カバーの裏側も、手描きの50音順国旗のポスターになっています。

【監修者紹介】中山京子(なかやま・京子)/帝京大学教育学部教授。公立小学校、東京学芸大学附属世田谷小学校教諭、立命館大学など複数の大学講師等を経て現職。専門分野は国際理解教育、社会科教育、多文化教育、生活科教育。グローバル教育学会等に所属。外国につながる子どもの教育教材や小学校社会科教科書(東京書籍)の作成に携わる。自身でグアムの歴史、チャモロの言語や文化を学び、大学でも教鞭をとる。大学内外でチャモロダンスのパフォーマンスを行いチャモロ文化の普及に努めている異色の教授。

本書の内容はこちら

本書の特設サイトはこちら

「プレNEO」シリーズの内容はこちら

 

増刷続々でついに累計145万部突破!!の「プレNEOシリーズ」最新刊、『せかいの図鑑』が2/26発売!!