『深夜食堂』安部夜郎の自伝的なんちゃあない話!『生まれたときから下手くそ』

 

高知県四万十で育った『深夜食堂』の作者・安倍夜郎氏の自伝的、心温まるなんちゃあない(たわいもない)話『生まれたときから下手くそ』が発売になりました。

生まれたときから不器用で、下手くそな生き方しか出来なかったマコト。その生き方は、マコトの父と同じだったことに気づきます。子どもは失敗を重ねて大きく成長し、おやじもダメ親父っプリを重ねながら子育てしている。生まれたときから上手にできる人なんか一人もいないから、不器用な父子愛が滲み出る…。

ドラマも映画も大ヒットし、現在もビッグコミックオリジナルで大人気連載中の『深夜食堂』。作者の安倍夜郎氏のデビューは40歳を越えてからでした。自らを「生きることに不器用」と語る安倍氏が描いた自伝には、家族や、故郷への、愛があふれています。あの『深夜食堂』が生まれたのは「作者がこんな風に育ったからだ…」なんてことが、納得していただけると思います。

 

 

ビッグコミックススペシャル

安部夜郎『生まれたときから下手くそ』

『深夜食堂』安部夜郎の自伝的なんちゃあない話!『生まれたときから下手くそ』