任天堂3DS用 学習ソフト第3弾『ドラえいご』大好評発売中!

 

「小学館が作ったニンテンドー3DSソフトが、売れてる!?」
「小学館は出版社だから、100%外注でしょ?!」

 実は小学館での学習ゲームソフト開発の歴史は長いのです。

 96年4月発売のゲームボーイ用学習ソフト発売以降、06年12月に発売した任天堂DS用ソフト「百ます計算」は、50万本弱を販売、全世界での「脳トレ」ブームもあり欧州で100万本、北米で50万本という大ヒットになりました。
 そして、12年7月には3DS用ソフト『ドラかず』をリリース。2パターンのCM(親の会話編、子どもの会話編)も話題になり、発売後2年半を過ぎても今なお着々と売れ続けるロングテイル商品となりました。
 小学館が学年誌で培った学習ページのDNAと、「おもしろくてためになる」が生きている小学館の雑誌のノウハウが存分に威力を発揮した、ゲーム/学習ソフトです。

 この成功を踏まえて13年11月には知育ソフト「ドラちえ」、そして今年11月には英語学習ソフト「ドラえいご」が好調なスタートをきりました。

 15年2月には「ドラもじ」がリリース予定です。
 最新作「ドラえいご」は英語が全くわからない子どもが知らず知らずのうちに、英語に馴染むということに注力して開発しました。実は大人にとっても有用なゲーム/英語学習ソフトになっています。是非、お試しください。

ドラえいご特設サイト

ドラえいごのTVCM

 

 

任天堂3DS用 学習ソフト第3弾『ドラえいご』大好評発売中!