ついに映画公開! 「信長協奏曲」

 

2009年、「ゲッサン」(小学館)で連載をスタートした『信長協奏曲』は、
「織田信長が実は現代からタイムスリップした高校生だったら…?」
という奇想天外な着想とそのポップな世界観から、累計350万部を突破する
大ヒットコミックとなりました。
そして2014年、開局55周年を迎えたフジテレビがこの原作をアニメ化、
ドラマ化、そして実写映画化する大型プロジェクトを発表。
主人公の高校生・サブローと織田信長の一人二役に挑む小栗旬を筆頭に
豪華キャスト陣が集結し“月9”で放送されたテレビドラマは、
時代劇でありながら幅広い層の視聴者に支持され、高視聴率を記録しました。
そして遂に、“サブロー信長”による、笑って泣ける冒険活劇が劇場版で最終章を迎えます!

 

安土城の完成と天下統一を目前にしたサブローは、ふと手にした教科書で、
織田信長は間もなく死ぬ運命にあることを知る。
その運命に戸惑い、苦悩するサブローだったが、帰蝶や家臣たちの力強い支えのもと、
運命に抗い、この時代で生き抜くことを誓うのだった。
そして、愛する帰蝶との結婚式を計画するサブロー。
場所は京都・本能寺――。
時を同じくしてサブローの周りでは不穏な企てが水面下で動き出していた。
周囲から愛されるサブローに嫉妬心を抱く光秀。
積年の恨みを持ち、信長暗殺の機を伺う秀吉。
果たしてサブローは織田信長の歴史を変え、彼の望む平和な国を築くことができるのか!?
1582年、本能寺で彼を待ち受けるものとは――!?

 

映画「信長協奏曲」は、2016年1月23日全国東宝系にて公開です。

 

映画公式サイトはこちら

本書の内容はこちら(特設サイトに)

1巻の試し読みはこちら

信長1巻

 

ついに映画公開! 「信長協奏曲」