詩人・中原中也×批評家・小林秀雄 『最果てにサーカス』は二人が無名だった青春をコミックで描く 

 

大正十四年(一九二五年)、桜舞う春に作家を志す

23歳の文学青年・小林秀雄は上京してきたばかりの

まだ18歳の詩人・中原中也と運命的に出会う。

自意識の殻に閉じこもり、創作の迷路に入っていた
秀雄に衝撃を与えて、彼の生きざまを根っこから変えていく中也…
そして中也には同棲する一人の女・長谷川泰子がいた--

事実を基にフィクションを交えて描き出す、
文学に人生すべてをかける中也と秀雄…。

『月刊スピリッツ』連載中の『最果てにサーカス』がついにコミックスに!

『彼女とカメラと彼女の季節』の月子が描き出す!
まだ無名だった二人の切なく物狂おしい物語が
今、ここに始まる…!!

 

文学好きでなくとも、夢を持って志高く生きる彼らの真摯な姿は誰もの心の琴線に触れること間違いありません。ぜひご一読ください!!

 

 

ビッグコミックス

『最果てにサーカス』1集

著・月子

 

本書の内容はこちら

詩人・中原中也×批評家・小林秀雄 『最果てにサーカス』は二人が無名だった青春をコミックで描く