【映画・実写】時を隔てた2つの出来事を結ぶ、深い絆の物語 『海難1890』12/5(土)公開

 

 1890年、親善訪日使節団を乗せたオスマン帝国の軍艦エルトゥールル号が、和歌山県串本沖で沈没した。600名以上が嵐の海に投げ出され、多くの犠牲者を出してしまう。だが、地元住民たちの献身的な救助活動により69名の命が救われ、母国トルコへの帰還を果たす。そして結ばれた絆は、トルコの人々の心に深く刻まれていった。

 時は移って1985年。イラン・イラク戦争に伴い、フセインはイラン領空の航空機無差別攻撃を宣言。各国は自国民の救出に動くが日本には手立てがない。多くの在留邦人の身に危機が迫っていた───。

 時を隔てた2つの出来事には、深い絆の物語があった。

 日本・トルコ友好125周年記念映画。

 

日本・トルコ合作映画

「海難1890」2015年12月5日(土)公開

[企画・監督] 田中光敏  [脚本] 小松江里子

[出演] 内野聖陽 ケナン・エジェ 忽那汐里 アリジャン・ユジェソイ ほか

映画公式サイトはこちら http://www.kainan1890.jp/

              

完全ノベライズ化

『海難1890』小学館文庫

小松江里子・脚本 豊田美加・著

定価:本体570円+税

本書の内容はこちら

 

【映画・実写】時を隔てた2つの出来事を結ぶ、深い絆の物語 『海難1890』12/5(土)公開