『バリウム検査は危ない』胃がん患者の99%はピロリ菌が原因! 年間1000万人受診、600億円税金投入のバリウム検査は“無駄な公共事業”だった!

 

 バリウム検査による集団胃がん検診は、全国で年間1000万人が受診しているとされる。しかし、実際には技術は古くてがん発見率は低く、しかも事故が多く患者を大きな危険に晒すものであると専門医たちは口を揃えて批判する。

  著者の取材を受けた専門医のひとりは、こう言い切っている。
「医者でバリウム検査を受ける人間は、僕の知る限りいません。内視鏡のほうが何倍も胃がんを発見できることを知っていれば当然ですよ。
僕ですか? ピロリ菌未感染なので、胃がん検診は受けていません」

 事実、医学的には胃がん患者の99%はピロリ菌感染が原因と証明され、この感染の有無と胃粘膜の萎縮度を示すペプシノゲン値を組み合わせた「胃がんリスク検診」を集団検診に採用すれば、胃がんの発見率は3~4倍に向上し、検診および治療にかかる医療費は5年間で4200億円も削減されるとする試算もある。内視鏡技術も日進月歩で、いまやバリウム検査の優位性はほとんどない。ちなみに、日本人のピロリ菌感染率は若年層ほど低く、全体でも4割程度と推定されている。6割もの人が、不要で効率の悪い検査を毎年受けていることになる。

image2

バリウム検査の様子(通称「逆さはりつけ」と呼ばれる頭を下にした姿勢)

 しかも、バリウム検査は大量被曝という問題もある。最低8枚のX線写真を撮影するだけでなく、撮影の合間にも胃の状態を「透視」するために放射線を浴び続ける。1回の検査による被曝量は、実験によって最大13.4ミリシーベルトに達することが判明した。放射線被曝が100ミリシーベルトを超えると、がん発症率が上がることが知られており、これだけの被曝量の検査を毎年受けていることは大いに問題がある。世界で最も権威ある医学雑誌「ランセット」に発表されたオックスフォード大の研究では、75歳以上でがんを発症した日本人の3.2%は医療被曝が原因だとされている。

image3

スキルス性胃がんに侵された胃

 それでも、先進国でいまや日本だけというバリウム集団検診制度が改まらないのは、巨大な利権があるからだ。天下り組織となっている日本対がん協会と全国の傘下組織が検査を推奨・実施し、メーカーや医者・病院も潤う。その巨大な公共事業に投入される税金は年間600億円に達する。
 筆者は対がん協会および傘下組織を丹念に取材して歩いたが、取材拒否と情報隠蔽のオンパレードで、さらには死亡事故や金銭スキャンダルなど爛れた実態が明らかになった。

 筆者はさらに、対がん協会と表裏一体でバリウム検査を守る「検診ムラ」の頂点に君臨する国立がんセンターにも追及の矢を向ける。
 同センターは胃がんの検診方法を定める「検診ガイドライン」の作成と、巨額の研究補助金(厚労科研費)の分配に大きな影響力を持つ。専門医たちが「おかしいバリウム検査」に声をあげられないのは、そうした「重石」が利いているからなのだ。
 それでも、本書取材で多くの専門医が、意を決して実名でバリウム検査を批判した。集団検診からバリウム検査を排除しようとして逆に職を追われた医師、バリウム検査をやめた自治体の関係者らが「脱バリウム」の声をあげている。

  本書の取材をきっかけに、「検診ムラ」の牙城は崩れ始めた。
 国立がんセンターは、これまで頑なに「バリウム検査しか認めない」としていたが、著者の取材がバリウム検査の問題点を浮き彫りにし、そのレポートが週刊誌に載るや、急に方針を変え始め、本書発売直前の2015年9月になって、バリウム検査に加えて内視鏡検査も「推奨」とされた新しいガイドラインが公表されたのである。しかし、リスク検診は推奨されず、事実上、「検査ムラ」は温存される“改革もどき”に終わった。なぜなら、内視鏡だけを新たに推奨しても、実施できる医療機関や専門医の数に限りがあるため、1000万人もの集団検診に全面採用することは不可能だからだ。本書により、バリウム検査の問題が広く知れ渡ることに先手を打ち、改革姿勢を装った印象さえある。簡単にいえば「ガス抜き」である。

 ちなみに日本対がん協会は、設立に朝日新聞が深く関わったことから、今も事務局を朝日新聞出向者が務め、会長は国立がんセンターからの天下り、理事長は朝日新聞元会長というのが「指定席」とされている。同協会の問題がこれまでマスコミで取り上げられなかった遠因には、こうしたマスコミ・コネクションも影響したのではないかと筆者は推測する。

  取材と並行して動いたのは「検診ムラ」だけではなかった。
 本書ではバリウム検査による2つの死亡事故の真相に迫った。群馬県と滋賀県のケースで、それぞれ遺族・関係者らが詳細に証言した悲惨な顛末に胸がしめつけられる。この取材のさなか、群馬県のケースで突然、事故の際に担当していた診療放射線技師が書類送検された。動かなかった捜査が急展開したことも驚きだが、技師ひとりに責任を押し付け、検診団体や自治体の対応は問題にされない「尻尾切り」にも感じられた。滋賀のケースでは、著者が入手した詳細な内部資料により、検診団体の対応に大いに疑問が出ているが、団体は本書取材でも責任を認めていない。
 image4

死亡事故が起きた検診車

 2015年夏からバリウム検査の問題をメディアで発表し始めた著者の元には、医療関係者、検診関係者、さらに国会議員やテレビ、新聞などから講演依頼、取材依頼が殺到している。問題の根は深く、しかし改革の必要性は広く認められているからだ。本書をきっかけに、長く続いた「検診ムラ」の利権構造が壊れ始めていることは間違いない。

 血液製剤によるC型肝炎ウイルス感染の実態を明らかにして2002年度の新聞協会賞、米・ピーボディ賞を受賞した著者が2年以上の歳月をかけて明らかにした「バリウム検査の闇」は、すべての読者と検診受診者に衝撃を与えるドキュメンタリーになっている。

本書の内容はこちら

著者/岩澤倫彦(いわさわ・みちひこ)

1966年、札幌生まれ、ジャーナリスト、ドキュメンタリー作家。ニュース番組のチーフディレクターとして救急医療、臓器移植、原発問題などをレポート。血液製剤によるC型肝炎感染に関する報道で2002年度・新聞協会賞、米・ピーボディ賞。著書に『薬害C型肝炎 女たちの闘い』(小学館)など。

 

 

 

『バリウム検査は危ない』胃がん患者の99%はピロリ菌が原因! 年間1000万人受診、600億円税金投入のバリウム検査は“無駄な公共事業”だった!