発売三日目で重版決定! 東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記!「雪花の虎」

 

あの東村アキコが挑む本格歴史モノということで注目を集めた「雪花の虎」、発売三日目で重版決定、快進撃を見せています。

 

作者が実際に上越市へ取材に行かれ、「謙信は本当に女だった」という確信を得たという本作の第1集はまだまだ序章、子供時代の「虎千代」こと謙信の様子が生き生きと描かれています。彼女の周囲に登場する人物それぞれがとても魅力的で、起きている出来事が実際にあったことのように感じられるのです。

もともと歴史に強くない作者なので、プロローグから歴史が苦手な人用に「ワープゾーン」を用意しているあたりも、東村節が炸裂しています。笑えるやりとりを挟みながら、史実をふまえて展開するところが、歴史トンデモものと一線を画しています。

 

まんが家・東村アキコの新境地。「雪花の虎」から目を離せません。

 

 

ビッグコミックススペシャル ヒバナ

東村アキコ『雪花の虎 1』 

定価:本体694円+税 好評発売中 

本書の内容はこちら

発売三日目で重版決定! 東村アキコが描く、女・上杉謙信一代記!「雪花の虎」