近藤誠&倉田真由美の『先生、医者代減らすと寿命が延びるって本当ですか?』は9月30日発売です!

 

みなさん、「医者・クスリ・検診・ワクチン」について、こんな疑問を感じていませんか?

・インフルエンザワクチンを打ってもかかるのはなぜ?
・市販のかぜ薬は本当に効くの?
・西洋薬より漢方薬のほうが安心か?
・健康診断の結果で注意すべき項目は?
・がんにかかって助かる人と助からない人がいるのはなぜ?
・ストレスががんの原因になる?
・太っていると早死にする? などなど。

漫画家で二児の母でもある“くらたま”こと倉田真由美が、そんな身近な医療の疑問や不安を近藤誠医師に直撃しました! 近藤医師はそれらの質問に、ひとつずつていねいに解答、しかもマンガでよりわかりやすく解説してくれます。また、この本では、ドラッグストアで買える「本当は危ないクスリ」や「いい医者とダメ医者を見分けるチェックポイント」「病院でひどい目に遭わないための患者心得10か条」など、すぐ役に立つ実用情報も満載です! 一家に一冊置いておきたい「家庭の医学・新常識」の決定版です!

この本の内容はこちら

『ビッグコミック』連載中、近藤誠監修の『医者を見たら死神と思え/2』も、9月30日発売です。

著者プロフィール

◆近藤誠(こんどう・まこと)
1948年東京生まれ。慶応義塾大学医学部放射線科を2014年に定年退職。「乳房温存療法」のパイオニアとして知られ、安易な手術、抗がん剤治療を批判。現在は「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」を運営。著書『患者よ、がんと闘うな』(文藝春秋)他著書多数。2012年菊池寛賞受賞。

◆倉田真由美(くらた・まゆみ)
1971年福岡生まれ。一橋大学商学部卒業。1995年、ヤングマガジンギャグ大賞で漫画家デビュー。2000年から2013年まで週刊スパにて「だめんず・うぉ~か~」連載。現在2児の母。

近藤誠&倉田真由美の『先生、医者代減らすと寿命が延びるって本当ですか?』は9月30日発売です!