古内一絵著『痛みの道標』(7/23刊)が、読売新聞8月18日付「エンターテインメント小説月評」で〈70年前の夏 残した思い〉の一冊として紹介されました。

 

本書の内容はこちら

7月24日配信のS-PRESSはこちら

 

古内一絵著『痛みの道標』(7/23刊)が、読売新聞8月18日付「エンターテインメント小説月評」で〈70年前の夏 残した思い〉の一冊として紹介されました。