累計750万部突破のベストセラー「ミッケ!」シリーズの最新刊は、豪華なしかけ絵本『スペシャルなチャレンジミッケ! お~いシーモア!』

 

大人もこどもいっしょに遊べる「ミッケ!」シリーズ

写真の中に隠されているいろいろなものを探していくかくれんぼ絵本です。

1992年発売以来、大ヒット更新中!ミッケファンは、三世代にわたっています。

「ミッケ!」の名付け親は、この絵本を翻訳している糸井重里さん。

この本の翻訳を最初に頼まれたときは、「第一印象、難しいなあ~」と思ったそうです。まずタイトルが難しい。この本の世界観をひと言で言うのは、難問だと。でも、わりとすぐにひらめいたんだそうです。ぴったりのタイトルが。そして、本文については、「親と共犯者になるつもりで訳した」つまり、読み聞かせする親をも楽しませ、子どもに出題する親のいたずら心を満足させたいと企んだそうです。

そんな多くのファンを引きつけている「ミッケ!」シリーズに、この夏、スペシャル版、その名も『スペシャルなチャレンジミッケ! お~いシーモア』が発売になりました。

シリーズ初のしかけ絵本。ページが、縦に横にと、ぐ~~~んと広がります。

タイトルのシーモアくんをご存じですか?

シーモアくんは、知る人ぞ知るチャレンジミッケの隠れキャラです。「チャレンジミッケ!」シリーズに通して登場していたのですが、昨年発売された『ちょっとやさしいチャレンジミッケ!』で、表舞台に登場しました。今回のスペシャル版では、シーモアくんといっしょに大冒険に出かけましょう。

 
ここでちょっとシーモアくんの裏話。

「チャレンジミッケ!」シリーズで登場するシーモアくんと、新刊『スペシャルなチャレンジミッケ!』で登場するシーモアくんは、実はちょっと違うのです。よ~く見比べてみてください。そう、少しだけスリムになっています。時代に合わせて、ちょっとおしゃれになったのかな?

2012年に初来日したときに、実物に会った人もいるかもしれません。手も足も、顔も可動式になっています。いま、新刊発売に合わせて、特別に大きなシーモアくんが来日しています。どこかで会えるかもしれませんね。

 

さあ、本文のご紹介です。

ものがぎっしりつまった不思議な世界。シーモアくんは、ビーズを通したひもをよじ登ろうとしています。相棒のボタンを探しているのかな? 

3

そのとたん、「がっしゃ~ん、がらがらがら」ボタンとビーズがとびちっちゃった。大冒険の始まりです!

MIKKE

シーモアが手にしたひものわっかをひくと、どうなるかな?

4

いろいろなものが次々に動いて、ページを大きく上に広げると・・・・・・。なんとシーモアが乗った風船が空に上がっていきました。

5

細かく美しい写真の世界が、絵がわりのしかけの中で「ミッケ」を楽しめます。

作者ウォルターさんと訳者の糸井さんの企みといたずら心を堪能してください。

本書の内容はこちら

ミッケ特設サイト

ミッケシリーズ・全巻はこちら

累計750万部突破のベストセラー「ミッケ!」シリーズの最新刊は、豪華なしかけ絵本『スペシャルなチャレンジミッケ! お~いシーモア!』