著者渾身の反戦へのメッセージ! 古内一絵著『痛みの道標』

 
 戦後70年、命の重さを問う渾身の人間賛歌

 ブラック企業に勤めノルマに追い詰められ、多額の借金を背負った八重樫達希(27歳)は、発作的に飛び降り自殺を図り、15年前に死んだ祖父・勉の霊に助けられる。

 かつて少年兵だった祖父は、生前心残りの「人探し」を一緒にすることを条件に、隠し口座に眠る財産で達希の借金の肩代わりを提案。そこから祖父の霊とのボルネオ島への旅が始まった。

CIMG5095
 そこで出会ったのは、個性豊かな人々と、悲惨な戦争の記憶。

 将校でも戦闘機乗りでもない、大多数を占めた一般兵士たちの戦死とは、飢えや伝染病で命を落とす凄惨なものだった。
 やがて一行は赤道の街に到着。

 そこには、この旅に祖父が託した、本当の目的が隠されていた。

 今まで決して口にすることのなかった、「知られざる謀略事件」とは・・・・。

 そして、そこに隠された,祖父の過去にまつわる真実とは・・・・・。


 この作品は、著者が過去の資料を徹底的に調べ尽くし、実際にインドネシアのカリマンタン島に足を運んで取材して、一年半をこの一冊の執筆に費やして何度も稿を重ねて辿り着いた、渾身のエンターテインメント反戦小説です。

 日本国内ではおそらく全くと言っていいほど知られていない事件をモチーフに描かれた人間ドラマ。この事件は日本ではあまり報道されていませんが、現地では今も毎年慰霊祭が行われ、忘れられることはありません。それは、決して遠い記憶ではありません。

CIMG5152

  戦争時は軍隊、現代はブラック企業。

 名前と質こそ違えども、現代も昔も一部の私利私欲のために犠牲になり、悲惨な目に遭うのは弱い立場の若い人々です。

 戦争とは絶対悪であり、勇壮な死などは絶対に無い。そこにあるのはただただ無念の死。
 いつの時代にも命の重さは同じで有り、現代はその時代を越えて成り立っている。

 そんな当たり前だけれど忘れてしまいそうな真実を、この小説は力強く語ってくれます。

 著者の力強い筆致に救われ、励まされる方も多数いらっしゃると思います。

 こんな時代だからこそ、10代の高校生から戦争を経験された年輩の方々まで、現代を生きる多くの方に是非読んでいただきたい、人間賛歌です。

 読後は爽やかで明日を生きる力が湧いてくる小説です。

 ぜひお読みください。

本書の内容はこちら

古内一絵
古内一絵(ふるうちかずえ)

東京都生まれ。映画会社勤務を経て、中国語翻訳者に。第五回ポプラ社小説大賞特別賞を受賞し、2011年『快晴フライング』(ポプラ社刊)でデビュー。近著は2014年発刊の『風の向こうへ駆け抜けろ』(小学館刊)。

著者渾身の反戦へのメッセージ! 古内一絵著『痛みの道標』