香取慎吾編『慎語事典』7/30、待望の刊行!!文章に、写真にアッと驚く、ご本人自らの仕掛けがあります!必見!

 

 前回の配信に次ぐ第2弾。7月30日、ついに刊行される『慎語事典』について、さらに興味津々の製作エピソードをご披露します──。

 既にお伝えしたように、この本は、SMAPの香取慎吾さんが「Johnny’s web」の会員限定サイトで連載しているブログ『SD 慎語事典』の3年分をまとめたものです。ブログでは、事典のように毎回、言葉(慎語)をとりあげて“解説”し、自撮り写真も載せています。この写真、webのブログ上では全てモノクロになっていますが、連載を始めるときから「将来はこの連載を書籍化したい」という秘めた思いがあったという香取さん。そして、「ブログを見てくださっている方たちにも、本になったときに初めて見るようなことをプラスしたい」と考えたといいます。

 それが、webにモノクロで掲載した写真を、本では全てカラーとモノクロ写真で掲載する、ということ。シックでおしゃれなモノクロ写真が、カラーで見るとまた違った華やかなニュアンスが出て、想像していたのと違ったり想像通りだったり。きっと発見があるはずです。

 さらに、香取さんの写真に対するこだわりの強さには驚かされます。写真は全て正方形になっていますが、これも香取さん自らがアプリを使って、カラーをモノクロに加工。そしてサイズも1カット1カット正方形にトリミングしているのです。“自撮り”だからこそ、寝癖のままだったり、ヘアカット中だったり、バリエーション豊富すぎる私服だったり、SMAPメンバーとのオフショットもあり・・・全く構えない素の姿が見られるのはとっても貴重。

 アップだけでなく、全身、しかもジャンプやダイブしてるカットもあるので、どうやって自分で撮るの!?と不思議に思ってしまいますが、三脚とセルフタイマーを駆使しているそうです。三脚は常にかばんの中に入れて持ち歩き、屋外でもパパッとセットして撮ってしまうというのですから、どこかで香取さんが自撮りしている現場に遭遇!なんてことがあるかもしれません!?

 ブログの原稿を書くのは、移動中や収録の合間、家に帰って寝る前、とさまざまなタイミングなので、3年分の中にはどこで書いたか思い出せないものもあるけれど、写真についてはそんなわけで、全てどんな状況で撮ったか覚えているそうです。

 そして文章についても、webで読んだことあるから、ではすまされない仕掛けがあるのです。例えば、文頭の一文字ずつをつなげていくとキーワードになる隠し言葉とか、暗号のような数字の羅列のタイトルも、ある規則性で置き換えると言葉になっているとか・・・。全344ページのボリュームですから、じっくり読むほどに楽しみが増していく1冊です。

 ブログで「出たい」と書いていた通り、稲垣吾郎さんがMCを勤めるブックバラエティ番組『ゴロウ・デラックス』にも出演(TBS系・7月30日放送予定)。SMAPでのお仕事とはまた違う、稲垣さんと香取さんがMCとゲストというスタンスで『慎語事典』について語っているのも必見です。

本書の内容はこちら

前回「S-PRESS」配信記事はこちら

 

 

 

香取慎吾編『慎語事典』7/30、待望の刊行!!文章に、写真にアッと驚く、ご本人自らの仕掛けがあります!必見!