もうすぐ夏休み! 現代女性が旅に求めるのは『プチごほうび』と『自分リセット』今年はハワイ・マウイ島へGO!

 

 日本のフラダンス人口はハワイを上回り、ハワイ旅行者のリピーターは増え、現在大型書店では夏と冬にハワイ本を大きく平台展開しています。

 現代女性が旅に求めるものとして、おしゃれなお店やホテルで、手の届く「プチごほうび」的体験をしたいと思う一方、神社や富士山などの聖地巡りや、瞑想、ヨガのブームに代表されるように、「自分をリセット」したいという欲求があります。 

 オアフ島の賑やかな楽しさは魅力ではありますが、リピーターにとっては、もう一歩先の旅がしたい。しかしながら、いま書店にある本や雑誌では、取材しやすいオアフ島の情報に偏っているのが現状でした。

 そこで今回、『ハワイ島の本 Big Islandのいいところぜんぶ。』(大和書房)で、一歩先のハワイ旅を望む女性達の心をつかんだ青木たまなさんが、渡航40回以上のハワイ通の目線と旅人OLのコスト感をふまえたセレクト&コーディネートで、カタログ的ガイドブックでも、タレント本でもない、いまの書店にはない「マウイ島の本」をつくりました。

 ハレアカラやハナなどの聖地から、ラグジュアリーな雰囲気のリゾートまで、一つの島で楽しめるハワイのマウイ島は、「プチごほうび」と「自分リセット」のニーズに応える格好の場所なのです。

COUPLED 

 具体的なモデルプランが提案され、十分に実用的な内容でありながら、美しい写真と文章で、エッセイを読んだような読後感。

 カップルやファミリーはもちろん、自分をリセットしたい大人の女性の一人旅にもおすすめです。

1819

▲目的別のプランを提案してくれているので、初心者でも安心。

56

▲ローカルの思いが詰まったセレクトショップが多数掲載されています。

本書の内容はこちら

著者による紹介動画はこちら

青木たまな プロフィール★

 著者写真 

東京在住。学生の頃から各国を旅し、ハワイは渡航40回を超える。企業での都市開発やマーケティング、PR職を経て、旅を通じてコンディションを整えるリトリートを世界各地で経験。ワークショップを(不定期で)主宰。ニュートラルなライフスタイル、体と心を健やかに保つコツを伝えている。著書に『ハワイ島の本 Big Islandのいいところぜんぶ。』(大和書房)がある。

<イベント情報>

日時:7月26日(日)16:30~

場所:One Kitchen(新宿区荒木町3−26サウスウィング荒木町2F奥)

 『やさしいハワイ マウイ島の本』の出版を記念して、『五感でひもとく、自分らしい旅』をテーマに、ワークショップを行います。著者によるマウイ島の魅力を語るトークの後、ハワイで人気のフィンガーフードやローフードスイーツを楽しみながら、自分らしい「旅」に出会うためのワークを行います。

 取材希望の方は(カメラはスチールのみでお願いします)、7月15日(水)までに、件名を「青木たまな氏取材」とし、社名、媒体名をご記入の上、S-PRESS事務局までお申し込みください。

もうすぐ夏休み! 現代女性が旅に求めるのは『プチごほうび』と『自分リセット』今年はハワイ・マウイ島へGO!