【戦後70年特別企画上映】夢と、希望と、現実と… 終戦直後に公開された日本映画の数々  8/1~8/28神保町シアター

 

 以前、神保町シアターで、1946年の正月映画として公開された作品をご鑑賞いただいたお客様から、こんな話を伺ったことがあります。 「戦争が終わっても、しばらくまともな生活なんて出来なかったのに、こんな映画が作られていたなんて信じられない。あんな豪華な衣装、どこにそんな生地があったのかしらねえ…。」

 

 終戦から70年を迎える今年、名画座である私たちは考えました。70年前のあの日あの時、映画館はどうしていたのだろう。はたして映画業界は、どのように終戦を迎え、復興の道を歩み出したのだろうか。

 映画史をひもとくと、戦争で消失した映画館は全国で500館ほど。一方、空襲を逃れ残った映画館は、終戦の日から一週間だけ休館し、営業を再開したといいます。焼け跡にはバラックの映画館まで出現、そして、マッカーサーが日本に降り立ったまさに1945年8月30日に、早くも終戦後初の封切作品『伊豆の娘たち』が公開されました。

 終戦直後、映画会社や映画館の人々の情熱によって届けられた映画は、戦災の中で生き抜こうとする人々の希望の光になったと、信じてやみません。

 

 この夏、神保町シアターでは、日本が復興に向けて歩み出した1945年8月15日から翌日末までにGHQの厳しい検閲を通過し公開された映画たちを回顧します。

 

「戦後70年特別企画 1945─1946年の映画」

2015年8月1日(土)~8月28日(金)

神保町シアター(東京都千代田区神田神保町1-23 Tel.03-5281-5132

上映内容はこちらから

 

冒頭のお客様がご覧になった映画は、『グランドショウ1946年』。文中の『伊豆の娘たち』も含めて、本特集にて上映いたします。

外観 神保町シアター外観

*神保町シアターは小学館が運営しています

【戦後70年特別企画上映】夢と、希望と、現実と… 終戦直後に公開された日本映画の数々  8/1~8/28神保町シアター