東京国際ブックフェアにおける小学館ブース内でのイベントについてお知らせします。

 

 前回配信の記事でお伝えしましたように、今年の小学館ブース(ブース番号:6-23 )では「本を読む楽しみ」をお伝えする設えとします。

さらに、7月1日から東京ビッグサイトで開催される「東京国際ブックフェア」の小学館ブースでは、以下のようにブース内イベントを予定しています。

7月1日(水)11:30~11:50 「『小学館児童出版文化賞』の歩み」

(話者:柏原順太 児童・学習編集局チーフプロデューサー)

今年のブースで紹介する『小学館児童出版文化賞』について、事務局の担当者より賞の特徴とこれまでの受賞作について説明します。

7月1日(水)14:00~14:30 「大人気!学習まんがの魅力とこれからの企画展開」

(話者:伊藤護 児童・学習編集局チーフプロデューサー)

発売から40年以上たってなお売れ続けている「学習まんが少年少女・日本の歴史」ほか、子どもと親から厚く支持されている「学習まんが」の紹介です。

7月2日(木)13:00~13:30 「図鑑NEOシリーズ最新刊『魚』『鳥』はここがすごい!」

(話者:図鑑編集部編集長 北川吉隆)

ナンバー1図鑑シリーズの新刊について、昨年に続き編集長から直接その魅力をお伝えします。

7月3日(金)13:00~13:30、15:00~15:30 「おはなし玉手箱キャラバンin東京国際ブックフェア」

プロの声優による映像を使った新しいスタイルの読み聞かせ実演です。一般公開日のため、座席はご来場の子ども優先となります。

上記時間内にブース内(ブース番号:6-23 )にぜひお立ち寄りください。

※写真はいずれも昨年のものです。

東京国際ブックフェアにおける小学館ブース内でのイベントについてお知らせします。