【ほとけさまキャラ】で、知識ゼロでもすぐわかる仏像拝観の手引き。『ほとけさまの図鑑』6/30発売

 

 家の仏壇にも、いつも参拝するお寺にも、はたまた路傍の石仏まで、身の回りに当たり前に存在している仏像。

最近、仏像ブーム到来とも言われていますが、実はその種類の区別がよくわからないと思われている方も多いのでは? 近年海外からの観光客も古寺名刹に多く訪れるなか、我々はもっと仏像のこと、そして仏像拝観や仏教のことを知っておくべきではないでしょうか。

 この本は、知識ゼロでもすぐにわかる仏像の手引き書。さらに仏像に由来する仏教のことも併せてわかります。

 なぜ、そんなにわかりやすいのか? その秘密は本書の著者にあります。

 著者の籔内佐斗司(やぶうち・さとし)氏は、彫刻家として活躍する一方、新薬師寺など日本各地の仏像修復に長年携わり、仏像や仏教の造詣が深いことから、NHK「趣味Do楽」では仏像拝観をテーマに講師を務められました。

また、籔内氏のもう一つの顔といえば、ご存じ奈良県のキャラクター「せんとくん」の作者であること。この本のために描き下ろしたかわいらしい44体の「ほとけさまキャラ」を使って、わかりやすく解説しています。

 オールカラーで、寺社巡りにも最適のガイドブックとしても手放せません。

 

 

『ほとけさまの図鑑』籔内佐斗司

定価:本体1,100円+税 2015年6月30日発売

本書の内容はこちら

 

籔内佐斗司(やぶうち・さとし)

1953年大阪生まれ。彫刻家。78年、東京藝術大学美術部彫刻科を卒業。80年、同大学大学院美術研究科修了。82年より同大学保存修復研究室において奈良の新薬師寺をはじめ全国各地の仏像修復に携わる。2004年より東京藝術大学大学院教授に就任(文化財保存学)。

【ほとけさまキャラ】で、知識ゼロでもすぐわかる仏像拝観の手引き。『ほとけさまの図鑑』6/30発売