駅にも車内にも、【江ノ電】に『海街diary』がいっぱい! 紫陽花の美しいこの季節に、作品の舞台・鎌倉散策はいかが? 『サライ』では鎌倉特集も!

 

 話題の映画が、いよいよ6月13日(土)公開! その原作コミックス・吉田秋生『海街diary』(「月刊フラワーズ」にてシリーズ連載中!)が、作品の舞台である鎌倉の江ノ電とコラボ。6月5日より約1か月の間、駅や車内を原作イラストがあざやかに彩っています。

 発売中のコミックス1~6巻の見どころを紹介する中吊りや、江ノ電と四姉妹を描いたイラストのフラッグといった見応えたっぷりの広告を、江ノ電一部車両や鎌倉・藤沢駅などで展開。紫陽花の時期と重なるベストシーズンの鎌倉に、作品世界に浸りにお出かけになりませんか?

駅写真 車内写真

 

『海街diary』原作コミックほか吉田秋生先生の作品はこちら

「月刊flowers」公式サイトはこちら

映画『海街diary』公式サイトはこちら

 

そして、

鎌倉といえばもうひとつ…

6月10日(水)発売の『サライ』7月号の特集は、「鎌倉」。

 川端康成、立原白秋、澁澤龍彦、中原中也、鈴木大拙ほか、古都鎌倉をこよなく愛した文人たちゆかりの古刹や名所を訪ねます。グルメ情報も紹介し、新たな鎌倉の魅力を満載。便利な鎌倉大判地図付き!

「サライ」公式サイトはこちら

サライ7月号

 

映画見て、鎌倉行って、江ノ電に乗って、充実&満足の日々間違いなし!!

駅にも車内にも、【江ノ電】に『海街diary』がいっぱい! 紫陽花の美しいこの季節に、作品の舞台・鎌倉散策はいかが? 『サライ』では鎌倉特集も!