カンヌ国際映画祭でも賞賛の声!お待たせしました!!映画『海街diary』が6月13日ついに公開!

 

 シリーズ6巻累計発行部数280万部超!!の大ヒットコミックス『海街diary』(原作:吉田秋生/フラワーコミックス)が、第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされ、惜しくも受賞は逃しましたが、現地での上映後には、スタンディングオベーションが5分も続くほど高評価を得ました。カンヌ入りしていた是枝裕和監督、四姉妹役の綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの女優陣も歓喜に包まれました。

 作品は──しっかり者の長女・幸(さち)と酒好きで年下の男に弱い次女・佳乃(よしの)、いつもマイペースな三女・千佳(ちか)。鎌倉の祖母の残した家で暮らしていた3人のもとに、幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”であるすずを迎えることになり…。

 海の見える町に暮らす姉妹たちの織り成す、清新でリアルな家族の絆を描いたこの物語は、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞、マンガ大賞2013を受賞した名作です。

 映画公開にあたり、原作をノベライズした文庫版・電子書籍版・ジュニア文庫版も刊行!! 既にお読みになった方は映画で再びの感動を、未読の方はコミックスやノベライズでお読みいただき、映画もご堪能ください!!

  

  映画『海街diary』公式サイトはこちら 配給:東宝ギャガ

   原作コミックほか吉田秋生先生の作品はこちら

  小学館文庫版・電子書籍版はこちら

  小学館ジュニア文庫版はこちら

  「月刊flowers」サイトはこちら

  

カンヌ国際映画祭でも賞賛の声!お待たせしました!!映画『海街diary』が6月13日ついに公開!