松本清張「山中鹿之助」が、初の単行本化&電子化:P+Dブックス5/25ごろ創刊です。

 

 ペーパーバックと電子書籍が同価格・同時発売されるP+Dブックスが5月25日ごろ創刊されました。

今回発売されたもので、注目は、松本清張の「山中鹿之助」です。

主君・尼子家の再興を願い、大敵・毛利家に果敢に挑み暴れた、山陰の戦国武将・山中鹿之助の、短くもドラマチックな生涯が生き生きと描かれています。

この作品は、1957年4月より、小学館発行の雑誌「中学生の友3年生」~「高校進学」に1年間連載され、今回初めて1冊にまとめられました。

本書をもっとお知りになりたい方はこちら

P+D BOOKSの特設サイトはこちら

松本清張「山中鹿之助」が、初の単行本化&電子化:P+Dブックス5/25ごろ創刊です。