【美術愛好家に朗報!】こんな一冊が欲しかった!『美術展の手帖』を、展覧会のお供にどうぞ。

 

 美術展の楽しみは、会場に足を運んで鑑賞することはもちろんですが、「行った」という足跡をあとで思い返すのも大きな要素だと思います。図録もその手がかりのひとつでしょうが、それでは「個性」に欠けませんか。

 この、『美術展の手帖』は、出かけた展覧会をまるごと記録するための手帖です。展覧会名、会場に加え、日時・天候・印象に残った作品など、空欄を埋めていけば、展覧会に出かけた日の様子を記録でき、かけがえのない一日を後々も楽しむことができる便利な一冊。

 カリスマ展覧会ブロガーと、数々の美術全集を出版してきた小学館の美術編集チームがタッグを組み、かゆいところに手が届く内容。展覧会の楽しみが広がり、そして、あなただけの一冊ができあがります。

 

『美術展の手帖』 青い日記帳・編

定価:本体1,000円+税  2015年3月25日発売

この本の詳しい内容はこちら

著者取材対応いたします。

◆青い日記帳(あおいにっきちょう):展覧会レビューをはじめ、幅広いアート情報を毎日発信する美術ブロガー。情報の早さ、美術展ジャンルの広さ、見どころの的確さをもって、美術ブロガーの第一人者として、絶大な数のフォロワーを持つ。ブログはこちら …http://bluediary2.jugem.jp/

【美術愛好家に朗報!】こんな一冊が欲しかった!『美術展の手帖』を、展覧会のお供にどうぞ。