『ひかりあつめて』は、ことばの力で、いじめを超える<詩集>です。

 

 川崎の中一殺害事件が最近あったように、痛ましい「いじめ」が後をたちません。 

 児童詩の世界では著名な著者が、はじめて挑戦するみずみずしくもリアルな連詩の世界。主人公ユキの、ひとりぼっちの「いじめ」との戦いと心の成長の軌跡をまとめたものです。揺れる思春期の心にピタリと寄り添い、そこに言葉の力によって、強い心への道しるべを与える渾身の詩集です。

 NHKのEテレで2013年から放映中の番組「いじめをノックアウト」への応援詩集の形をとり、全国の教育現場で「いじめをノックアウト宣言」した市町村や学校・学級の仲間とともに、言葉の力でいじめ根絶への一歩を踏み出そうと試みます。

 帯には、番組MCを務めるAKB48の高橋みなみが、「ひとりじゃないよ。たくさんの”ひかり”が勇気に変わる!」というメッセージを寄せています。

この本をもっとおしりになりたい方へ

●杉本深由起(すぎもとみゆき):大阪府大阪市生まれ。詩集『トマトのきぶん』(銀の鈴社)で、第24回日本児童文芸協会新人賞、詩集『漢字のかんじ』(銀の鈴社)で第14回三越左千夫少年詩賞を受賞。日本児童文芸協会、日本児童文学者協会、日本現代詩人会に所属。講演、お話会、子どもの詩教室などでも精力的に活躍中。

 

『ひかりあつめて』は、ことばの力で、いじめを超える<詩集>です。