「トワイライトエキスプレス」「北斗星」の最終列車の切符が、ともに発売直後に完売! 入手できず、乗車叶わなかった方は、この3冊で寝台特急の素晴らしさをご堪能ください!

 

 鉄道ファンならずとも驚いたのは、3月12日に最終運転を迎える、大阪─札幌間を結ぶ寝台特急「トワイライトエキスプレス」の最終列車の前売り切符が、2月12日の発売直後に完売したこと。さらに翌13日には、これも最終列車となる最後のブルートレイン「北斗星」(上野ー札幌間)の3月13日分最終切符も発売直後に完売しました。

   改めて寝台列車やブルートレインの人気を見せつけられたと同時に、その「引退」を惜しむファンが如何に多いかの証でもありました。

   最終切符をゲットできた方は万感の思い、入手できなかった方は断腸の思いでしょうが、諦めないでください。

 弊社から刊行されている、客室、車内設備、車内サービスの案内はもちろん、各列車の走行区間の地図や時刻表、沿線の見所など垂涎情報満載の『寝台列車で行こう』(2011年10月刊)、全寝台列車の全個室をイラストで完全図解した『とっておき 寝台列車の旅』(2014年6月刊)、さらには前回の「S-PRESS」でも紹介して既に大きな話題を呼んでいる『「北斗星」乗車456回の記録』(2015年2月刊)は「北斗星」開業以来26年間、456回も乗車し続けた、著者で画家の鈴木周作さんが、「北斗星」の魅力を余すところなく伝えてくださっている前代未聞の1冊です。

 これら3冊のページをめくり、読み始めると、あたかも列車に乗車しているかのように堪能できます。さりゆく寝台列車やブルートレインを惜しみつつ、その喜びをいつまでも体感できます。

 さらに、「北斗星」は今年8月22日まで、臨時列車として週に約2~3本運転されます。まだチャンスはありますが、運良くチケットが入手できれば旅の良きガイド本として、残念ながら入手できなくても、この3冊を読めば「北斗星」の魅力を存分に味わえます。

 では、行ってらっしゃい!!

『寝台列車で行こう』

『とっておき 寝台列車の旅』

『「北斗星」乗車456回の記録』

 

 

「トワイライトエキスプレス」「北斗星」の最終列車の切符が、ともに発売直後に完売! 入手できず、乗車叶わなかった方は、この3冊で寝台特急の素晴らしさをご堪能ください!