二作連続本屋大賞ノミネートの快挙!  川村元気著『世界から猫が消えたなら』が累計80万部突破!!

 

  2013年度本屋大賞ノミネートの感動作が、昨年9月に文庫化され、映画化も決定。さらに、昨年10月に刊行した『億男』(マガジンハウス刊)が2015年本屋大賞にノミネートされたことで、『世界から猫が消えたなら』も再び大きな話題を呼び、増刷に次ぐ増刷です。単行本との累計は、ついに80万部を突破しました。

 物語は、郵便配達員として働く30歳の「僕」が、ある日突然、脳腫瘍を宣告され余命わずかであるのを知ることから始まります。そこに現れた、自分そっくりの「悪魔」が延命を約束するための奇妙な取引を提案してきます──

 「僕」の命を見つめ、取り巻く「世界」を見つめていく奇妙な7日間。

 不思議な感動と温もりに包まれる、川村元気ワールド全開の作品に作詞家・秋元康さん、作家・角田光代さん、作家で脚本家の小山薫堂さん、コラムニスト・中森明夫さん(本書「解説」文も必読です!)、ミュージシャン・SEKAI NO OWARIのFukaseさんも絶賛してくださっています。

 また映画は佐藤健、宮﨑あおいの主演で全国東宝系でのロードショーも決まって、今後さらに話題を呼ぶこと、間違いなし!!です。

 

本書をもっとお知りになりたい方はこちら

 特設サイトはこちら

映画の公式サイトはこちら

 

二作連続本屋大賞ノミネートの快挙!  川村元気著『世界から猫が消えたなら』が累計80万部突破!!