奈良まほろば館@日本橋で『空海』ゆかりの秘仏と風景に出会う

 

A3判・限定800部、定価54,000円(税込)という豪華写真集、

『空海 千二百年の輝き』の刊行を記念し、写真展が

東京・日本橋「奈良まほろば館」にて3月7日(土)~24日(火)に開催されます。

高野山に生まれ、弘法大師空海の足跡を40年以上にわたり国内外に追い続けてきた写真家・永坂嘉光さん。

今年、高野山が開創1200年を迎えるのを機に刊行された渾身の一冊のなかから、

吉野・大峯、高野山、京都・神護寺など、空海が歩き思索を深めた聖地の風景と、

そこに守り伝えられ普段は目にすることのできない秘仏などの作品をご紹介。

北面大師像(高野山三宝院)

大自然の中に神仏の存在を強く感じながら撮影された、スピリチュアルな作品をお楽しみください。

写真集の実物も、お手に取ってご覧いただけます。

また、3月18日(水)14時~15時30分、同所にて

著者の永坂嘉光さんのトークイベント「弘法大師 空海の足跡を撮り続けて」が開催されます。

取材(3月6日と18日可能です)ご希望の方は、

小学館マーケティング局・荒木までmailにてご一報ください。

奈良まほろば館@日本橋で『空海』ゆかりの秘仏と風景に出会う