樋野興夫著『いい覚悟で生きる』が2月15日付読売新聞で“「がん哲学外来」の言葉から”という記事で紹介されました。

 

 既に前回の「S-PRESS」でも配信いたしました本書は、これまで著されなかった「がん哲学外来」の現実を伝えて、静かな反響を呼んでいます。

本書をもっとお知りになりたい方へこちら

前回配信分はこちら

一般社団法人がん哲学外来の詳細は http://www.gantetsugaku.org/まで

 

樋野興夫著『いい覚悟で生きる』が2月15日付読売新聞で“「がん哲学外来」の言葉から”という記事で紹介されました。