「がん哲学外来カフェ」は全国に拡大中! 『いい覚悟で生きる』樋野興夫・著

 

「がんが再発して入院中に、この本をお見舞いでいただいて一気に読みました。退院したらやってみたいことが見つかりました!」

「『いい覚悟で生きる』を読んで、がん哲学外来カフェに行ってきました」

 本書の発売後、胸が熱くなる感想が続々届いています。

樋野興夫先生近影

著者・樋野興夫先生

の「言葉の処方箋」がすごいのは、「行動を起こす力」を呼び覚ますところです。

 これまで、がん哲学外来で樋野先生から「言葉の処方箋」を受け取った全国のがん患者さんやそのご家族が、これを機に自らボランティアになって「がん哲学外来カフェ」の運営にたずさわるケースも少なくありません。「がん哲学外来カフェ」は現在、全国約60カ所で月1回、開かれています。

詳細は、一般社団法人がん哲学外来 http://www.gantetsugaku.org/まで。

「歯をくいしばって、人をほめる」――樋野先生から届いた、最新の言葉の処方箋を贈ります。

「がん哲学外来カフェ」は全国に拡大中! 『いい覚悟で生きる』樋野興夫・著