世界遺産登録を勧告! 古代の人々が国家の安寧を祈り続けた島を藤原新也が撮った!!『沖ノ島』

 

北朝鮮情勢が緊迫する渦中に沖ノ島が世界遺産登録を勧告される歴史の因縁

北朝鮮を巡って東アジアの情勢が緊迫するまさにその年に、玄界灘の洋上に浮かぶ沖ノ島(福岡県)が世界遺産に登録されようとしている。そのことに歴史の因縁を感じざるを得ない。

沖ノ島という周囲4㎞の孤島が祈りの島となったのは、古代4世紀以降の緊迫した東アジア情勢と無縁ではないからだ。

沖ノ島は、福岡県宗像市の神湊から約60㎞の位置にある。朝鮮半島の釜山までは約145㎞。九州と朝鮮半島を結ぶ最短ルート上に位置し、『日本書紀』には「海北道中」と記された重要な航路だった。

4世紀から5世紀にかけて、朝鮮半島では高句麗、百済、新羅の3国が覇を競った。隣国の混乱は、大和朝廷の安全保障を悩ます事態だった。

この時期、沖ノ島ではすでに航海の安全、国家の安寧を祈る祭祀が行なわれている。『日本書紀』には、雄略天皇が宗像に勅使を派遣して祭祀を行なわせたこと、自ら新羅へ出兵する意向を示したが宗像の神に戒められたことが記されるなど、宗像の神は国家にとって重要な存在として位置付けられていた。

古代の日本にとって、東アジア情勢に国家の浮沈がかかっていた。中国に唐という巨大な国家が出現した際には、各地に山城を築いて侵攻に備え、白村江の戦いでは朝鮮半島に出兵する事態に発展した。律令国家として整備が行なわれたのもそのためだ。

こうした「国家の危機」に際しても沖ノ島では国家による祈りが捧げられていた。それを裏付けるのが、島から出土した8万点にも及ぶ奉献品だ。全てが国宝に指定され、現在は宗像大社の神宝館に展示されている奉献品は、多くが当時の一級品であることが確認されている。最高の品を神に捧げて、祈り続けていたのが沖ノ島なのだ

 

1500年以上平和を希求し続けてきた沖ノ島

沖ノ島では今も宗像大社の神職が10日交代で一日も欠かすことなく国家の安寧を祈る祭祀を続けている。

海水での禊は真冬であっても欠かすことはない。

一般の人の入島は厳しく制限され、一木一草一石たりとて持ち出してはいけないという掟は、世界遺産に登録されたとしても絶対に変わることはない。

近年は、世界遺産登録=観光地化の流れが加速しているが、沖ノ島は「立ち入ることができない世界遺産」という稀有な存在になる。

その沖ノ島の全貌を撮影したのが藤原新也だ。

『印度放浪』『メメント・モリ』『東京漂流』などで知られる写真家が、宗像大社の特別な許可を得て上陸。4月の末に『沖ノ島 神坐す海の正倉院』として刊行された。同書の中で藤原はこう綴っている。

〈この島の情景は写真でしか伝えることができない。人は写真でしか見ることができない。だから私はそれを伝えるために、祈りを込めシャッターを押した〉

藤原が祈りを込め撮影した写真は、古代の人々が国家の安寧を祈り続けた島に残る「神の気」をも捉える。

東アジア情勢が緊迫する中で、平和を希求し続けてきた沖ノ島が世界に注目される意義は深い。

 

藤原新也(ふじわら・しんや)

『沖ノ島 神坐す海の正倉院』

定価:本体1,200円+税 2017年4月24日発売

B24取判並製・オールカラー120ページ

ISBN978-4-09-682249-4

本書の内容はこちら

 

<プロフィール>藤原新也…1944年、福岡県生まれ。東京芸術大学絵画科油画専攻入学直後に海外に脱出し、各地を放浪。72年に処女作『印度放浪』を発表。さらに『全東洋街道』『東京漂流』『メメント・モリ』などを相次いで上梓。『コスモスの影にはいつも誰かが隠れている』『大鮃』など小説作品もある。沖ノ島関連では『神の島 沖ノ島』(安部龍太郎氏と共著)がある。

 

世界遺産登録を勧告! 古代の人々が国家の安寧を祈り続けた島を藤原新也が撮った!!『沖ノ島』